スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供に敗北する

朝から気分がすぐれず休みたい気分だった。
しかしその日は日曜日で法事が多く、そんなわけにもいかなかったのです。

なんとか寺に出勤したもののいよいよ気分が悪く、ついにトイレで
吐いてしまった、同僚には「お骨蟲の祟りやでー」と言われ
さんざんな朝でした。

それでも吐いたおかげで幾分楽になり
お参りに出かけました。

午前中はなんとか耐えたのですが
午後に入るとだんだんお腹が痛くなってきました。

それでもなんとか最後の家に辿り着きその日最終の
お勤めを始めました。

その家は50歳で亡くなった御主人の満中陰(49日のこと)
だったので当然ですが重苦しい雰囲気でした。

私の顔は腹痛のため悲壮感がただよっていてちょうど
良かったのですがお腹に力が入らず苦戦しました。

それでも、美人の奥さんや可愛い娘の事を思い浮かべ(まだ余裕ある)
何とかだましだまし読経も終盤に来ました。・・・不謹慎・・・

そのお経は段々ドラスチックに盛り上がっていくもので私は気力を
振絞ってお腹に力を入れました!

其の時!「バフンッ!!」

しまった!!静寂を破り私の放屁は、響きわたりました。

しかし、ざわつく事もなくなんとか読経も終わりました。

そのあとのインチキくさい私の有り難い御話しも無事終わり
心の中で「・・ひょっとして聞こえてなかったのかなー」と
ホっとしていた矢先!

「ぼんさんが屁ーこきおった」と

どこぞの御ぼっちゃんがのたまいました。

ぶち壊しです、爆笑の嵐!!


私はただ敗北感に打ちのめされ、お坊ちゃんに殺意を抱きつつ、すごすごとその場を去ったのは言うまでもない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                     合掌  なーむー
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © なまぐさ坊主の独り言 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。