スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対決! 黒いやつ

「ありえへん!ありえへん!・・・・・」

その時私は頭の中で連呼していました

私はいつものように或るお宅に十七回忌法要に出向きました。

かねてからうちの檀家さんで一番汚い家と噂には聞いていましたが噂以上でまさに有り得ない状態でした。

ハッキリ言って嘗めてました!

先ず玄関に入るやいなや〔ツーン〕と鼻腔を刺す酸っぱい臭い!臭いの元は台所に山と積まれたゴミ袋(そこから汁っぽいのが滲んでる)

これだけでも挫けそうなのに、それ以上に私を怯ませたのは数多のゴキちゃん!


歩みを進める度にフナムシの如く、はてまたモーゼの前の海が割れるが如くゴキちゃん達が大移動

げっそり !!

「ありえへん∞」


なんとかお勤めを始めるも全然集中出来ません!
奴等は視界の至る所に入ってきて身体全体が痒くなってくるような気がするし、その間も絶えず酸っぱい臭いはしているし!お供え物にはたかるし!

お香を噎せんばかりにモウモウと焚きましたがあまり効果も無く、 必死の思いで法要を終えました。

するとその家おばさんゴキちゃん達がたかりまくっている湯呑みと急須を取り出してきて事もあろうかお茶を淹れようとしています!

ありえへん!(-_-#)

間髪を入れず「お茶は結構です」言い放ちお話もそこそこに退座しました。

車に乗ろうとすると 「お寺さん!」おばさんに呼び止められました。

何事かと思ったら例のお供え物です!(ゴキちゃんのたかった) おもむろに袋を渡されました。

もしや!と思っておばさんが家に入ったのを確認してから袋を覗くと居ましたゴキちゃん !!!ありえへん∞!

少し殺意(あかんあかん)を覚えつつ帰路につきました。合掌?
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © なまぐさ坊主の独り言 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。